top of page

花を活ける

私がドイツの花屋で働いていた時のこと。



花屋の店主から『二度と同じ花は作るな』と教えられました。


店主曰く、『生み出せる』力がある人でないとフローリストと言わないようです。


オリジナルを生み出せるか。


人のコピーをするか。


私は常にオリジナルに拘っています。

そして独創性。


私にしかできないデザインを考えます。

そして形にします。


それは花のデザイン以外にも通じる事であると思います。


今まで様々な花(デザイン)を生み出してきましたが、私の好みは線を生かすデザインかもしれません。


『線を美しく描き、余韻を残し逃していく』


私自身もこのような人間でありたいものです。







閲覧数:38回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page