Exhibition 6

Exhibition 1 2 3

4 5

​『Between sounds and colors』

はじめに 
わたしの『これ』は4さいくらいからあったと思う。 
自分の苗字は青、黒、オレンジ、名前は赤、黄色 
ごちゃごちゃしていたのでもっと白っぽい名前がよかった。 
わたしは言語の音に色が見える。 

初夏の葉っぱや、果実の断面、ミルキーグレイの壁、桃色の空など好みの色のエキスを体の中に取り込む。 
わたしは生きるために色を飲んでいる。 

もしかすると、みんな小さいときは当たり前に存在して、 
成長する過程で切り捨てられる感覚かもしれない。 
私は大人になっても『これ』が頭の中心だった。 

文字に色を感じるのは少し厄介で、情報量が多く苦しい。 
フォントが強くて買えない参考書、 
プリクラは目がヒリつく、でも空気を読んで友達と交換する。 
文字の密集する空間が苦手で、郵便局、市役所はドキドキしてしまう。 
ブルーシートやガードレールのハッキリとした色もこわい。 

昔は『これ』の正体がわからず、悩んだこともあった。 
今でも実はよくわからないけど、昔よりは歩みよって 
良きパートナーになっている。 

今は『共感覚』という言葉があるので、 
私の場合は『音素』と『色』が強めにくっついているという解釈が一番しっくりくる。 
誰かに説明できるまでは25年くらいかかった。 

ここ数年、成長したのは黒い服を着れるようになったこと。 
日々、変化があっておもしろい。 

                                                                                                      
 

​こまち りな

DSC_8168.JPG
DSC_8172_edited.jpg
DSC_8191_edited.jpg
作品は一部となっております。
​お気軽にお越しくださいませ。